Total Pageviews

Monday, 5 March 2012

The History of the BLUE ROSE Society

THE HISTORY OF 'BLUE ROSE'

On August 22nd 2011, the website MorrisseysWorld.blogspot.com, asked for fans attending Morrissey concerts on his US tour, to wear either a single red rose or a single white rose.


On September 1st 2011, this request was re-iterated and it was stated that it was in honour of Oscar Wilde, because of the roses being a recurring motif in his work. It was also stated that Wilde lives on today in the artiste Morrissey. 

On October 16th 2011, MorrisseysWorld gave instructions that, "When Morrissey leaves the stage after the end of the set, he will pause prior to coming out for the encore. During this period, you should throw your rose on to the stage."

On November 4th 2011 on MorrisseysWorld, it was explained that the 'Secret Rose Society' was to mirror Oscar Wilde's 'Green Carnation', a secret society formed by Oscar Wilde for his followers, who would all wear green carnations to his performances without anybody knowing why. 

On November 14th 2011, Morrissey's tour of the US and Mexico got underway, with a concert in San Antonio, Texas, and a small number of the audience were reported to have worn roses, but none were thrown to the stage.

There were seventeen more concerts played on the US and Mexican tour and at various concerts, some members of the audience wore white or red roses, but very few were thrown to the stage.

On February 24th 2012, Morrissey started his tour of South America and again MorrisseysWorld gave instruction to wear a red rose or a white rose and to throw it to the stage. Two concerts were played in Chile and although it is rumoured that roses were worn, none of them made the stage. Four concerts were then played in Argentina and once more, it is said that some of the audience wore roses, but only one white rose was rumoured to have been thrown on stage. Four more concerts were then played in Brazil and Peru, but NO roses were handed to Morrissey.

On March 17th 2012, on the very last day of Morrissey's South American tour, in Bogota, Columbia, Morrissey plucked a white rose from the audience during the song 'You Have Killed Me.' This act signalled the start of a phenomenon that will one day be known by all Morrissey fans as 'BLUE ROSE'.

Followers of MorrisseysWorld have vowed to wear roses at future concerts and to throw them to the stage, just before the encore, IT IS WHAT MORRISSEY WANTS.

Followers of MorrisseysWorld have been labelled 'Blue Rose', as blue roses, just like green carnations, are not natural flowers.

Blue roses have come to symbolise mystery and longing to obtain the impossible. Blue roses also represent unrequited love.

Followers of MorrisseysWorld should wear either a red or white rose to the concerts, but it has also been said, that if the song 'Trouble Loves Me' is sung, then blue roses will be thrown to the stage.



史 "青いバラ"
2011年8月22日に、彼の米国ツアーにモリッシーはコンサートに参加してファンを求めてウェブサイトのMorrisseysWorld.blogspot.comは、単一の赤いバラまたは単一の白いバラのどちらかを着用する。

2011年9月1日に、この要求は再繰り返され、それがために彼の作品の定期的なモチーフであるバラから、それはオスカー·ワイルドの名誉であったことを述べた。また、ワイルドは芸人モリッシー、今日に住んでいると述べた。
2011年10月16日に、MorrisseysWorld指示のことを与え、 "モリッシーがセットの終了後にステージを去るとき、彼はアンコールのために出てくる前に一時停止します。この期間中に、あなたがステージに上がったスローする必要があります。"
MorrisseysWorld上で2011年11月4日に、それは "シークレットローズ協会"は、誰も知らなくても、すべての彼の公演に緑のカーネーションを身に着けて鏡オスカー·ワイルドの "グリーンカーネーション"は、彼の信者のためにオスカー·ワイルドによって形成された秘密結社にあったことを説明した理由。
2011年11月14日に、米国とメキシコのモリッシーのツアーは、サンアントニオ、テキサス州でのコンサートで、進行を持って、観客の数が少ないバラを着用していることが報告されたが、どれがステージに投げられなかった。
米国とメキシコのツアー、様々なコンサートで演奏17以上のコンサートがあったが、聴衆の何人かのメンバーは、白や赤のバラを身に着けていたが、非常に少数のは、ステージに投げられた。
2012年2月24日に、モリッシーは南米歴訪を開始し、再びMorrisseysWorldは、赤いバラや白いバラを着用し、ステージにそれをスローするように命令を与えた。 2つのコンサートは、チリで演奏し、それはバラが着用されたと噂されているものの、それらのどれもステージを行われませんでした。四回のコンサートは、その後アルゼンチンで演奏され、もう一度、それは観客の一部がバラを身に着けていたと言われていますが、1つだけ白いバラは、ステージ上でスローされていると噂されている。 4つのコンサートは、その後、ブラジルとペルーで演奏されましたが、NOのバラはモリッシーに渡されませんでした。
2012年3月17日に、モリッシーの南アメリカツアーの最後の日、ボゴタ、コロンビアでは、モリッシーは白が歌の間に聴衆から上昇した撥 'あなたは私を殺しています。 "この法律は、 "BLUE ROSE"としてすべてのモリッシーファンで一日を知られる現象の開始を通知しました。
MorrisseysWorldの信者は、将来のコンサートでバラを着用するとちょうどアンコール前のステージにそれらを投げることを誓っており、ITは、モリッシーが望んでいることです。
MorrisseysWorldの信者はちょうど緑のカーネーションのように、自然の花ではありませんが、青いバラのように、 "ブルーローズ"とラベル付けされています。
青いバラは不可能を取得するために神秘と憧れを象徴するようになりました。青いバラはまた、片思いを表しています。
MorrisseysWorldの信者は、赤または白を身に着けるべきであるコンサートに上昇したが、それも歌われ、その後、青いバラはステージにスローされる曲 "トラブルが私を愛して"あればあること、と言われています。

No comments:

Post a Comment

Mozziah Archive